御田ブログ

御田ブログ

PORTFOLIO
ロートアイアンのこと
御田製作所のこと

価値をとどけるエコノミックス

本当の価値とはなんだろう

世の中、良質なものが残って、良質でないものはどんどん淘汰されていく、とお考えじゃないですか?

実はそうじゃない場合もあるんですよ。

たとえば美味しいレストランと一定の味を提供するチェーン店も並ぶ練馬の町で適当にランチで入ってみた店があるとします。

そうした場合、1300円のとびっきりの自慢メニューと600円の普通のメニューがあったとしたら皆さんは600円を選ぶんじゃないでしょうか?
僕は初めて入ったところの1,300円メニューは選びませんね。

なぜ選ばないかというと、失敗するリスクが怖いからです。
初めて入ったお店で1,300円を払う僕の価値を満たしてくれるようなものがでてくる保証が何もない からです。

では600円だと価値観を満たしてくれるのか?

普通、こだわりがあるお店は個店舗が多いわけなんですが、そういったお店は大抵小規模なので簡単にコストメリットは出せません。
なので600円のような低価 格帯でとびっきりのものを出そうとすると大変です。

そこで出てくるのがチェーン店なんですね。

チェーン店はコスト効率も良いし、固定費も低い。びっくりするほど美味しいものは出せないけど600円でそれなりのものが出せます。

それも情報が浸透しているので安心感もあります。

せっかくこだわりの食材を用意して良質なメニューを提供したいという思いのあるレストランは太刀打ち出来ないのです。

結果として、高品質のお店が淘汰されてしまい、高品質でないお店の方が出回るようになってしまいます。

経済学では「市場の失敗」とか「逆淘汰」といわれるんですね。

1,300円の価値があるのかないのかは「情報」次第ですね。
もし、そのお店がテレビに出るような行列の出来るお店なら1,300円の価値を皆が共有しているので皆が 買います。

でも、そうじゃないお店は「1,300円でしか真価が発揮できないのに、それをすることが許されない」状況に追い込まれるのです。

ひるがえって、私達のロートアイアンも同じだったりします。

私達はとてもマジメに手を掛け力を尽くしてロートアイアンを造っているんです。
でも ロートアイアンって毎日買うようなものじゃないですね。
一生に一回かもしれま せん。
だから私達を訪ねてくださるお客様はワクワクドキドキしながらいらしてくれるわけです。

そのお客様に対して分かり易く価格や品質の情報を公開していくのが私達の使命と思っています。

マジメに造るだけではなく、マジメに情報を出す、本当に価値あるものが残るにはこれが必要なんですね。

今日も明日も頑張ります!

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

お問合せ

お名前 (必須)
メールアドレス(必須)
お問合せ内容(必須)

アーカイブ