御田ブログ

御田ブログ

ロートアイアンのこと

wroughtという語

IMG_8690wrought ironのwroughtとはどういうことを語っているのでしょう?

What hath God wrought.
wroughtはモールス信号で最初に送られたこのメッセージの中にも出てくる単語で
メッセージ自体は旧約聖書から取られたものです。
意味は「神のなせる業」です。
また、workの古い言葉として現代では形容詞としても使われている中でも
wrought ironとなると錬鉄そのものを指します。
ロート・アイアン、なんとも優美な響きがあるものですね。
雅語とはよく言ったものです。

wroughtは他にも精巧に細工をした、ということを意味することもありますし
鉄を叩いて造った、ということを指す形容詞でもあるんです。
この場合はironの為に存在するwroughtという形容詞ですね。

What hath God wroughtの中に出てくるhathもそうですし
私達が普段から親しんでいるwroughtという言葉にしてももはや既に古語で、
このような古めかしい言葉を使ってみることは
少し自分の世界を広げてくれるような気がします。
優雅な建材wrought ironは、言葉としても私達を豊かな気持ちの方へ
向かわせてくれるのかもしれません。

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

お問合せ

お名前 (必須)
メールアドレス(必須)
お問合せ内容(必須)

アーカイブ