INFORMATION インフォメーション

  • 2021.12.03 コラム デザイン

    美しいデザインのある街-麻布(港区) その1

    地震が頻発

    ここのところ地震が各地で頻発しておりますが、皆様のお住まいは大丈夫でしたでしょうか。今日も、山梨県東部と和歌山県で震度5弱の地震速報が入っていましたね。。。
    東京でも地震の影響で就寝中に起きてしまい若干寝不足気味になっております。巨大地震が起こらないように小さい地震があるほうが安心かなあとも思うのですがこれだけ頻発していると少し怖いですよね・・・。こんな寒い季節に避難生活になったら・・・と少し考えてしまいました。
    「備えあれば憂いなし」ということで水、食料、充電器等、改めて避難グッズを確認して備えようかと思います。

    麻布(港区)

    さて本日のテーマは美しいデザインのある街シリーズ。今回は港区麻布です。

     

    麻布エリアの鉄道の最寄りの駅は麻布十番駅です。東京メトロ南北線なら、白金高輪駅と六本木一丁目駅の間にあります。麻布十番駅ができる前は陸の孤島と呼ばれていた場所なのでかつてはバスでの移動が主要な交通手段であったことから、現在でもバスの交通網が発達しているのが大きな特徴です。
    港区はもともと、「麻布区」「芝区」「赤坂区」の3つの区が合併して誕生した区で、麻布は昔の「麻布区」のエリアにあたり土地としては武蔵野台地の東端にあり、台地から複数に分かれる谷によって地形的には起伏に富んでいます。
    現在、麻布という名称があるのは「麻布狸穴町」「麻布永坂町」「南麻布」「元麻布」「西麻布」「麻布台」「麻布十番」「東麻布」の8つのエリアになります。

     

    「麻布狸穴町」(あざぶまみあなちょう)
    ロシア大使館の近辺になり、江戸時代からある狸穴坂(まみあなざか)が地名の由来です。狸穴坂という名前は、かつて古狸(タヌキ)が住んでいたほら穴が坂下にあったことからそう呼ばれるようになったのが有力説です。
    江戸の情緒を感じる場所と現代の融合がなんとも面白いエリアです。

    狸穴坂

     

    「麻布永坂町」(あざぶながさかちょう)
    麻布から芝方面に抜ける長い坂があったため、1713年にこの名がついたと伝えられています。「永坂」という名前は東京の坂の中でもかなり古いもので麻布の古い歴史を物語っている名称の1つです。素敵な邸宅も多く見られるエリアです。

     

    麻布永坂町

     

    「南麻布」(みなみあざぶ)
    現在の南麻布一丁目から南麻布五丁目のエリアで名前の通り麻布の南部に位置するところで、数多くの大使館があり麻布の中でも国際色豊かです。歴史的には、陸奥仙台藩伊達家下屋敷や陸奥盛岡藩南部家下屋敷といった武家屋敷や、天現寺や光林寺と言った神社仏閣が点在する場所でした。五代将軍徳川綱吉の保養地として1698年に完成した広大な「麻布御殿」は1708年までの間現在の南麻布に置かれ、麻布地区の土台となっています。
    有栖川宮記念公園(ありすがわのみやきねんこうえん)もあり大変豊かで由緒正しいエリアです。

    南麻布

     

    麻布は、東京の中でも歴史的にも由緒ある素晴らしい土地です。弊社ロートアイアンもこの麻布エリアには納品実績がありますが色々な素敵なエピソードがあり過ぎで何をご紹介させて頂こうかと悩みます。。
    次回はつづきで、「元麻布」「西麻布」「麻布台」「麻布十番」「東麻布」についてご紹介させて頂きます♪

    皆様、どうか良い週末をお過ごしください♪

    過去の関連コラム

    美しいデザインのある街-田園調布(東京都大田区)
    美しいデザインのある街-成城(東京都世田谷区)
    美しいデザインのある街-松濤(東京都渋谷区)
    美しいデザインのある街-白金・高輪(東京都港区)
    美しいデザインのある街-青葉台(東京都目黒区)
    美しいデザインのある街-上大崎 東五反田 北品川 高輪 (東京都品川区・港区)

  • 2021.12.01 コラム デザイン

    美しいデザインのある街-上大崎 東五反田 北品川 高輪 (東京都品川区・港区)

    12月になりました♪

    今日から12月が始まりまして、今年も残すところあと1か月となりました。12月を師走(しわす)と言いますが、師も走り回るぐらい忙しいとか年の暮れの慌ただしさを表したのが語源だそうです。皆様は、毎年慌ただしい年末を過ごされていますか?
    考えてみると、12月は何かと年内に終わらせようとかやらなければいけない事を思い出し年内に終わらせる目標を立てたりしてしまいがちですし、気持ちの上で、気分良く新年を迎える準備をしようと忙しくしてしまうので今年は少しゆっくりと過ごしたいですね。
    新型コロナの新たな変異ウイルス「オミクロン株」の感染も国内で確認されたようですし、お家でゆっくり過ごす計画を立てようかなあと思います。

    美しいデザインのある街-城南五山

    さて本日のテーマは美しいデザインのある街シリーズ。今回は品川区(港区)-城南五山です。

     

    品川区城南五山

     

    城南五山とは、東京の中でも城南地区にある高台5ヶ所「花房山」「池田山」「島津山」「御殿山」(品川区)「八ツ山」(港区)の総称のことです。山手線の南西部に位置し古くから高級住宅地として知られるエリアで、「御殿山」以外はJRの目黒駅、五反田駅、大崎駅、品川駅が最寄りにありとても便利です。

    城南五山の歴史

    江戸時代から由緒ある大名のお屋敷があったエリアで、明治維新後に宅地化が進む中でも尚高級住宅地として美しい景観が保たれています。

     

    「花房山」:現在の品川区上大崎3丁目付近で、城南五山の中でも北側に位置し目黒駅が近くになるエリアです。明治、大正期の外交官で日本赤十字社の社長を歴任した花房義質(はなぶさよしもと)氏の別邸であった場所です。高級低層マンションや立派な邸宅が立ち並んでいます。

     

    花房山

     

     

    「池田山」:現在の品川区東五反田4・5丁目付近です。江戸時代、備前岡山藩・池田家の下屋敷があった場所で屋敷跡を整備した和風庭園となった池田山公園がありまた、上皇后美智子様の生家跡地であるねむの木の庭といった公園が整備され緑も多いエリアです。現在も、道路幅や住宅の区画が広く落ち着きのある閑静な住宅街となっており、由緒ある高級住宅街として歴史も感じられるエリアです。

     

    池田山

     

     

    「島津山」:現在の品川区東五反田1・3丁目付近で、旧島津公爵邸があった場所で現在は清泉女子大学になっています。旧島津公爵邸のルネッサンス様式の美しい洋館が今も尚、大学の中にあります。その周辺に高級住宅街があります。

     

    島津山

     

     

    「御殿山」:現在の品川区北品川3 – 6丁目付近で、江戸時代から徳川家康が建立したと伝えられていて、歴代将軍家が鷹狩りの折に休んだ「品川御殿」があった場所です。また、ソニーの創業の地としても知られており旧本社のあった場所でもあります。

     

    御殿山

     

     

    「八ツ山」:現在の港区高輪3・4丁目付近でもともとは旧三菱財閥の祖・岩崎弥太郎氏の高輪別邸があった場所で、現在は開東閣があります。「開東閣」はかつて伊藤博文の邸宅で、その後岩崎家の邸宅として使われるよなり、現在は三菱グループの施設として使われています。

     

    八ツ山

     

     

    江戸時代から歴史を継承し今もその歴史を感じさせる風格があります。
    弊社の製品も数多く納品させて頂いておりますが、街の雰囲気に見合うロートアイアン製品になるよう毎回緊張感がみなぎるエリアです。

    過去の関連コラム

    美しいデザインのある街-田園調布(東京都大田区)
    美しいデザインのある街-成城(東京都世田谷区)
    美しいデザインのある街-松濤(東京都渋谷区)
    美しいデザインのある街-白金・高輪(東京都港区)
    美しいデザインのある街-青葉台(東京都目黒区)

  • 2021.11.26 コラム 工場

    アイアン工場の製造現場から-梱包・出荷-

    外国人労働者と日本の若年無業者

    弊社には、ここ数年人材派遣会社や紹介会社からの電話が連日かかってきます。おそらく多くの会社様に営業電話がありますよね。最近では、外国人の新卒専門の人材専門紹介会社や外国人専門派遣会社の電話も増えてきている気がします。皆様の身近には外国人労働者はいらっしゃいますか?弊社は工場がフィリピンにありますし日常が外国人とともに仕事をしております。工場から日本に来て働いている技術職も外国人です。外国人が身近にいない会社ではコミュニケーションの問題があるのでハードルが高くなかなか最初の一歩が難しいそうでそんな課題を人材会社の方がお話されていたのが印象的でした。
    そんな状況の中で、総務省の2020年の統計で日本の総人口に対しニートと若年無業者の割合はなんと1.5~2割程度もいるそうです。およそ87万人になります・・・。これは、社会問題ですよね。。コロナウィルスの影響も大いにありそうですがまずは今仕事をする気になれない、仕事の入口がわからない、技術や資格がなく自信を失っている、もしくは働きたいけど介護や家庭の問題で働けない、そういった日本の若者の積極的な就労支援を強化する政策が充実していけばいいなあと思いますし、外国人労働者にも働きやすい職場が増えればいいと思います。本日スタートから重い話になってしまいましたが、自国の困難な状況にある若者を助けることや外国人労働が少子化社会対策としても大事な事なのではないかと痛感させられます。若者の「生きがい」や「やりがい」を社会が育てていけるそんな日本であって欲しいですね。あ、意欲のある方弊社はハローワークで募集しておりますので良かったらご連絡下さい(笑)

    梱包~出荷

    さて、本日は連載させて頂いております前回のロートアイアン工場の製造現場より10の工程の続編、「梱包」についてお話させて頂こうと思います。
    検品後の梱包~出荷までは工程にはないのですが工場のそういった現場を普段目にする事がないと思いますのでご紹介させて頂きます♪

    梱包

    今回はサインの出荷がありましたので梱包ルームで作業です。

    ロートアイアン梱包前

     

    梱包前に撮影するのは、出荷前の状態を把握するためです。出荷~納品の過程で壊れたり破損等があった場合や出荷前の再確認のために必要です。また、検品の後なのですが再度検品します。

    その後、緩衝材や段ボールを使用して梱包作業に入ります。梱包は、かなり頑丈に用心してます。船便の輸出なのでぶつけたり破損されては困ります。やりすぎでは?と思うぐらいしっかり梱包して安心です。

     

    サインの梱包

     

    大型製品に関しては、木枠梱包か段ボールの梱包に鉄パレットに固定させています。木枠梱包にすると、四方囲まれますので製品をしっかり守ることができます。また、重かったりかなり大型の製品となるとフォークリフトで移動できるように鉄パレットに固定します。

    梱包の過程

     

    出荷

    梱包作業が終わると工場のトラックに積み込み港へ出発です。
    弊社ガードマンの見送りと共に♪

     

    工場入り口のガードマン

     

    そして、いよいよ弊社トラックに載って、マニラ港まで運ばれます♪

     

    トラックで港へ

     

    過去の関連コラム


    アイアン工場の製造現場から-部材の切り出しと鋼材の加工-【10の工程 01.02.】

    アイアン工場の製造現場から-日本の伝統技術-【10の工程 03.】

    アイアン工場の製造現場から-溶接仕上げ-【10の工程 04.】

    アイアン工場の製造現場から-メッキ前下地処理-【10の工程 05.】

    アイアン工場の製造現場から-溶融亜鉛メッキ―【10の工程 06.】

    アイアン工場の製造現場から-メッキ後バリ取り-【10の工程 07.】

    アイアン工場の製造現場から-塗装前下地処理-【10の工程 08.】

    アイアン工場の製造現場から-塗装-【10の工程 09.】

    アイアン工場の製造現場から-検査-【10の工程 10.】

CORPORATE

法人のお客様

設計・施工会社様へ、お客様とのお打合せに弊社ショールームのご利用も可能です。また、プレゼン模型の製作も行っております。

INDIVIDUAL

個人のお客様

個人のお客様へ、ご利用方法やデザイン、施工などについてご説明いたします。わからないことは何でもお気軽にお問い合わせください。

SHOWROOM

ショールーム

本物のロートアイアンをじっくりとご覧ください。
暮らしを彩るデザインを専任スタッフがご提案いたします。
※事前にご予約いただければ、スムーズなご案内が可能です。

Read More

ページトップ